女性の抜け毛を防止|いろんな面を考慮してサポートしてくれる病院で薄毛治療をしよう
男性と女性

いろんな面を考慮してサポートしてくれる病院で薄毛治療をしよう

女性の抜け毛を防止

育毛剤

エストロゲンの分泌量

一般的に女性の体では、男性と比較すると抜け毛が生じにくくなっています。これは女性の体内で、抜け毛を防ぐ働きをするエストロゲンという女性ホルモンが分泌されているからです。しかしエストロゲンの分泌量は、40代から50代頃に少なくなっていきます。すると、それまでエストロゲンによって抜けずに残っていた髪が、どんどん抜けるようになるのです。そのためこの年代の女性の多くが、薄毛による悩みを抱えています。しかし女性用育毛剤を使用することで、この抜け毛をある程度抑えることが可能となります。なぜなら女性用育毛剤には、エストロゲンをサポートするイソフラボンが配合されているからです。エストロゲンの分泌量が少なくなっても、イソフラボンがそれをサポートすれば、髪は抜けずに頭皮にとどまることができるようになるのです。

育毛効果と発毛効果

また、女性用育毛剤には多くの場合、頭皮の血行を良くするセンブリエキスやオタネニンジンエキスなども配合されています。これらによって頭皮に多くの血液が集まれば、そこに含まれている栄養分を、毛乳頭がたっぷりと吸収できるようになります。つまり女性用育毛剤の使用により、髪の成長や発毛を促すこともできるわけです。また、女性用育毛剤は頭皮をしっかりと洗い流してから使用すると、効果が出やすくなります。頭皮からは皮脂が多く分泌されるので、それを除去しなければ、女性用育毛剤の有効成分がスムーズに浸透しないのです。さらに洗い流した後は、タオルドライなどで頭皮の水気を取り、新しい皮脂が分泌される前に素早く女性用育毛剤を使用することが大事です。